スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎ運がない

こんばんは。

先週月曜から発熱、水曜には熱が引くも、木、金は呼吸困難になりそうなほどの咳。
そんなコンディションではありましたが、例によってあまりにも雨が降らずウナギ釣りができないので週末はウナギ突きに行ってきました(爆)ただの馬鹿です。

相変わらずのSさんとの潜りですが、10時前にエントリー。ざざっと川を見回しますがどうにもウナギが見えない。Sさんは3,4個体見たとのことでしたが、どうにも鼻先が出ている程度で、突くことができないようです。
この日は二週間ほど続いた日照りのあとの潜りで、川はすっかり渇水状態。どうにもウナギさんたちも動きが鈍い模様です。

とにかく私の体調がすこぶるよくないので、すぐに移動して堰の上へ。右岸左岸と探ってみますがウナギがいません。右岸ではかろうじて50センチほどのものを突きましたが、皮一枚破られて穴に入られてしまいました。
あまりにも芳しくないなぁと思いながらも上流へ向かい、かろうじて一本。ここではメソエンピツが多く見られました。友人は良いクダリを突いていました。

b140.jpg

いいサイズを三本見たと言っていましたが、私は一本。どうにも今日はウナギ運がついてないみたいです。

クダリシーズンでウナギが下流へ下っているものと仮定して、今度はかなり下流の汽水域で潜りました。しかしこれが苦戦。汽水域は泳ぐとモヤモヤして見難い上に、ウナギもあまりおらず、ゴンズイが沢山(笑)これではいかんと思い、少しだけ上流にあるメーターポイントへエントリーしました。

このとき実は私はけっこう限界で、呼吸が辛いのに加えて左顎が痛んでいました。しかし今日は一本しか突けていない(というかあまりにも見ていない)ということもあって、頑張って潜りました。

丹念に岩場を探っても、ウナギは全然見当たりません。結局下っていってそろそろ浅くなるというところでなんとか一本発見、突くことができました。

ここで同じくらいのサイズのウナギと格闘していた友人と合流するのですが、その網袋には良型のウナギが何本か入っている。聞くと、大きなウナギを6,7本見たとのこと。私一本しか見ていないんですが・・・。

私とSさんは基本的にある程度間隔を空けてだいたい並列で泳ぎます。私は岩場側を担当することが主。どうやら今日はウナギさんたちがかなり砂利の場所に出ていたようです。

b141.jpg

結局この日は二人で7本を突きました。うち2本がクダリ。下流での個体数が多かったことを考えると、すでに下の方に集まってきているような気がします。

b142.jpg

実はこの日、汽水域でボラを突きました。両方とも60センチないくらいのサイズです。
ボラの旬は10月からと思っているのですが、いいボラだったので持ち帰りました。

ボラという魚の市場価値は低く、関東ではキロ5円という衝撃的な話を聞いたこともあるのですが、ボラはおいしい魚です。私などは好んで食べています。

このボラですが、血抜きはちゃんとしましょう。首を折るだけで構いません。〆た直後のボラは体が柔らかくブラブラになります。これが冷蔵庫に入れておくと次第に硬くなり、死亡後15時間くらいでカチコチになります。

硬くなったらボラを捌きます。胆のうに傷を付けないように。ボラにはへそと呼ばれる部分があって、ここも捨てずに食べます。中には泥が詰まっていたりしてなかなかにキケンなニオイのするへそですが、よく洗って焼いて食べるとまさに魚介類版砂肝。美味です。

腹には黒い腹膜があります。これが残っていると臭いので綺麗に洗います。あとは三枚に卸すなりなんなり。私は刺身、塩焼き、味噌煮、鍋が好きです。唐揚げもうまいんだとか。

b143.jpg b144.jpg

とりあえず刺身塩焼きにしましたが、うまいっ。食感も味も最高です。ボラの刺身は厚く切るに限りますね。汽水域のボラとあって少し身構えていましたが、予想以上に美味でした。

尚、このボラですが、内湾のものでは極めて不味いものがあるので、注意が必要です。
スポンサーサイト

ご無沙汰でした

やっとかめでございます。長らく更新があいてしまいました。
更新できなかったのは他でもない私に色々と余裕がなかったからなのですが・・・。ざざっとここしばらくの話をば。

9月11日:飲み会。この日は気心の知れた酒仲間と、クジラの燻製(自家製)、さえずりの茹でたもの、花おくら、鹿ジャーキーなどをつまみに磯自慢を飲みました。何が言いたいかというと、ただクジラがうまかったことを自慢したいだけです(笑

b129.jpg b130.jpg

明けて1213日の休日ははるばる広島、岡山へ旅行に。単なる旅行です。酒のまち、西条でぺろぺろに酔って、そのまま夜はダウン。翌日は朝から尾道を歩き、小鯛のから揚げをオマケしてもらって、昼からはアートの島、犬島へ。夜はSさんにお世話になりました。
b136.jpg b137.jpg b138.jpg b139.jpg

実はこの土曜日は雨。日曜日にウナギ釣りに行けたら確実にウナギが釣れたでしょう。そんなわけで、タイミング的に悔しい私はSさんをそそのかして某川にウナギ釣りに行きました。坊主でした。・・・

しかし岡山県はこちらで言うところのカメジャコ(アナジャコ類)が安い!ゲンダ、と呼ばれているのですが、一匹たったの20円です。約半額とは、児島湾は凄いところです。


さて帰ってきても雨は降りません。どうやら完全にタイミングを見誤って旅行に行ってしまった模様。台風さんはどこへやら。仕方がないのでつまみの材料を捕りに川へ。狙いはカワヨシノボリとアジメドジョウです。

b131.jpg

1時間ほどでまぁまぁ捕れました。他にアカザ、サワガニなども混じっています。

b132.jpg

カワヨシとアジメを混ぜて炊いた佃煮が一番美味だと私は思っています。ただこれは自分用ではなくて、人にあげました。


雨も全く降らないので、18、19日あたりは筒に。雨がこれだけ降らないのでウナギも移動せず、入りが悪いだろうと予想していましたが、見事的中。たった4本、しかも1本を除いてほぼ全てちょうど45くらいのクダリでもないウナギ。あとはメソばかりです。仕方がないのでマハゼウロハゼを捕ってきて、天ぷらにしました。

b134.jpg b133.jpg

そろそろと思って、カニ捕りにも行きました。モクズガニです。筒でも多少は捕れますが、ウナギの筒ですから入るサイズが小さい。夜に捕りに行った方が大きいものが捕れます。

b135.jpg

今年は外子の多いものが多い気がします。気のせいかな。

そんな具合で、ふらふらと遊んでいたら高熱が出てしまい、ウナギ釣りどころではなくなってしまいました。雨が降っても降らなくても、212223日は連戦の予定だったのですが、予定はお流れ、ウナギ釣り講習も延期に。

今日はやっと回復したのですが、全快、というわけにはいかず、静養の日々が続きそうです。

リンシャン そのに

NさんとTさんは、下流の方のようすを見に行くことになり、一番ウナギ釣りに長けている(?)私がペットボトルの番をすることになりました。

川沿いの護岸に座り、定期的にライトで照らしてペットボトルが倒れていないか見ます。ふっと眠くなった一瞬、ぱっと目を開けると目の前のペットボトルが倒れています。あれは間違いない、オオウナギの穴上に仕掛けたペットボトルです。

すぐに駆け寄って、水中を照らしてみました。たしかに餌は穴の中へ入り、そこから道糸が伸びている。冷静に、と考えながら、ゆっくり川の中へ入り、道糸を持ちました。
軽く引っ張ると、すぐにググッ、ググッとした断続的な引き。間違いない、ウナギ類特有の引きです。

慎重に入り口付近の石を除き、道糸をおもりまで引き出しました。よし、ハリスを持って一気に引き抜くぞ、そう思いハリスを持った瞬間でした。

プツッ

一瞬何が起こったかわかりませんでした。手元には何も付いていない、オオウナギのヌメリのついたハリス。しばし呆然としたあと、悔しさとやるせなさがこみ上げてきました。
ハリスは糸の先が擦れた形跡もなく、くるくると巻いていて、おそらくオオウナギが針を咥え込み、チモトの付近に歯が当たってほどけたと思われました。

NさんとTさんが戻ってきて、事情を話しました。その後もう一方の穴にも餌を差し込んだりしてみましたが、反応はありませんでした。収穫は、オオウナギのヌメリだけか・・・。



しかし、いつまでもぼーっとしているワケにはいきません。このあとも採集の予定があります。とりあえずこの場はこのままにして、先に仕掛けた場所へと戻りました。なんとなく釈然としないまま、Tさんと一緒にペットボトルを回収しはじめました。
順に回収していくと、餌がそのまま残っていたり、穴の中に針が入っていたり。5本目に差し掛かったところ、何か付いている。ウナギです。かば焼きにできるかできないかくらい。はじめに何か掛かっていたら呼ぶ、という約束をしておいたので、一応下流側の回収をしているTさんを呼んで、バケツに慎重に入れました。これでぼうずは逃れた。

最後のペットボトルを回収するときになって、川下の方から、「オオウナギおる」の声。声は冷静でしたが内容はびっくりです。すぐに手に絡まる道糸をほどいて走っていくと、照らしたライトの先にはたしかにオオウナギがゆらゆらと動いています。
しかし糸が岩に引っかかってなかなか危ない状況。水面から出さないように言って、急いで丸ダモを取りに戻りました。丸ダモでゆっくりと尻尾の側から魚体全体を網に入れ、念のため陸に揚げてからバケツに入れました。念願のオオウナギ、ゲットです。

b122.jpg

南西諸島っぽい雰囲気。

b123.jpg

どことなく神々しい、が少し不気味な顔をしています。


オオウナギが釣れてしまったので、それからは終始ほんわかした空気となりました(笑)。今までのストレスが全て解消されたような。
帰り際色々と採集をして、日曜の夕方には家に着きました。

b125.jpg

家に着いたら早速写真を撮影して、調理に取りかかりました。やはり人に見られながら調理するというのは非常に緊張しますね、なかなか、心臓に悪い。
今回は食べ比べということで、オオウナギとウナギ、そしてクロアナゴ(と思われる)を蒲焼きにしました。

b127.jpg

b126.jpg

オオウナギは非常に脂が多く、肉質はやや水っぽい。今回のものは54センチと短いものでしたが、太さはウナギの二倍ほどあって、肉は分厚い。結局焼くのに(タレなしで)45分ほどかかりました。

b128.jpg

左上がクロアナゴ、右上がウナギ、下がオオウナギです。
まずはウナギから。一口頬張って、数回噛むと、異常な味が口中に広がり、体全体がゾクゾクする、まるで毒を食べたかのような気分になりました。今思いだすだけでも気持が悪い。本当に今まで食べた中で最悪なウナギでした。やはり排水の臭気は染みつくものですね。

次にオオウナギを実食。まずはとろっとした感覚が伝わり、口全体にオオウナギの脂が心地よく広がります。ぐっと噛むと外側はフワフワ、しかし一番の内側は肴特有のややパサパサとした感覚があります、そして少し水っぽい。皮は脂が多すぎて火炎放射で焼けてしまったのですが(笑)、硬いながらもうまい皮。後味も臭みはあまりなくて、普通に脂の乗りすぎた、うまいウナギのようでした。

ただし一切れ、二切れ目まではいいものの、それ以降は脂が多すぎ、噛んだ瞬間にまるでバターのような、動物性脂らしい感覚が口全体に広がり、くどく感じます。あまり沢山食べるものではないようです。

それでも、今まで噂で聞き及んでいた、土のような味、とか、不味い、ということはありませんでした。Nさん、Tさんも同様の意見でした。おそらく先達者の方々は、分厚いために焼き方が悪く生焼けだったか、あるいは1m超えの大物でいわゆる“大味”であったということが予想されます。


これで今年最大の目標が達成できました。オオウナギ捕獲は実に一年越しの快挙。協力して下さったNさん、釣りあげたTさんには感謝です。

リンシャン そのいち

先の5‐6日の休日、約1年ぶりに和歌山県へ採集に行きました。
もちろん、一番の狙いは、アレです。


さて前日夜は奇しくも「日本の将来とガンダムを語る会―ジビエ食材とうまざけを囲む―(全く関連性がない)」だったので、ペロペロに酔っぱらって寝、早朝に家に帰っての準備。結局Nさん、Tさんが迎えに来るギリギリになってなんとか準備の終わる始末。変な風に予定を詰めるのはよくないですね。

ざっくばらんに話をしつつ、昼には最初の目的地へ。精力的に採集しますが、思ったようなものが捕れない。しかも暑い。歯切れの悪いスタート。
そして次もあまり芳しくない・・・。微妙な気分を抱えながらも、今日最後の目的地へ着きました。

釣り開始時間まで少し時間があったので、すぐ近くにあった川を偵察。用水路ほどしか幅のない水路でしたが、ちょっといい雰囲気かもしれない。そんなことを思いながら川沿いを歩いていると、Nさんが
「ウナギ!」
見ると目下にはたしかにウナギ状の生物がふらふらと泳いでいます。見ている場所から川までは少し距離があり、近付いて捕獲することはできませんでしたが、やや短い鰭と頭、灰茶色の体色がターゲットを思わせました。そう、今回の狙いは、オオウナギです。
オオウナギは南方系の種で、沖縄等では普通に見られるサカナなのですが、ここ和歌山県でも記録が散発しています。沖縄で捕ったって面白くない。本州、それも和歌山で捕ってやろうというのが魂胆です。

捕り方はもちろん、「ペットボトル釣法」(笑)。念のため穴釣り用具や竹ヤスも持ってきました。
18時半を回った頃合いから、仕掛け始めです。餌はホンホッコクアカエビ、いわゆる“甘エビ”です。これの頭と尾を取り、腹側尾側から通し刺して、オオウナギのいそうな場所付近に入れ、ペットボトルを立てておきます。
この日は先にウナギ状生物を見た川と、本命の川と両方で約30本のペットボトルを仕掛けました。仕掛け終わった時点でだいたい20時。

仕掛け終わるか終わらないかで、川を見ていたNさんが「オオウナギおった」というので見てみると、僅かに穴からウナギ系の生物が顔を出しているのが見えました。
付近にもう一尾。顔の下あごがよく見えていて、特有のごま状模様が見えました。間違いない、オオウナギです。一気に脳裏に南西諸島を連想させるイメージが湧きあがりました。すぐに仕掛けてあったペットボトルを移動させて、二つの穴の上にフタをするように餌を仕掛けました。これで狡猾なオオウナギもかかってくれるはずです。

つづく
プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。