スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連チャン坊主

久しぶりに連チャン坊主、やりました。

一度目は今週火曜日。たまたま雨の晴れ間が月曜にあって、これは釣れるなぁと思ったのですが、行けずじまいで翌日に持ち越しました。条件的には前回釣りに来たときとさほど変わることもないと思って釣り場に到着してから気付きました。水位が低い!!

私はウナギ釣りに潮の良し悪しはあまり関係ないと考えていますが、水位は重要です。潮がいくら良くても水位が低くては駄目。この日は浅すぎて底がみえるくらいでした。案の定餌も取られず、ウナギの姿も見られずに終了しました。深い漁港のようなポイントだといつでも良いから楽なんですけどね。

二度目は昨日です。時間的な都合から比較的近場のポイントを選定しました。まだ一度も入ったことのない川です。

濁りはやや薄いかな程度。19時25分から始めました。アタリはあり、餌も取られるのですが、釣れども釣れども針が大きいためか何も掛からず、大きめのハゼがわずかに釣れただけ。途中何か大きな魚が掛かりましたが、根に潜られて終わりました。ウナギだったかもしれませんが詳細は分かりません。

あまりにも釣れないため場所を移動すると今度は流れ藻の猛攻に遭い、魚は全く釣れませんでした。良い川だと思うのですが・・・。腕が悪い?
スポンサーサイト

梅雨バテ

梅雨真っ盛りみなさまいかがお過ごしでしょうか。私はすっかり、夏バテならぬ梅雨バテしてしまいました。おかげで食が少しばかり細くなり、体がだるいです。やる気が起きない。

b295.jpg

極太ウナギ、釣れました。竿釣りです。でも私が釣ったわけではなくて、同行の友人が釣りました。私は坊主。そんなもんです。餌はミミズでした。

b296.jpg

早速昨日焼いてみました。とは言っても身があまりにも多く、5人前くらいあったので、また色々と思うところもあって、三分の一だけ焼いてみました。焼き始めて35分で、こんな状態になりました。

b297.jpg

タレはいつものごとく、身側三回、皮一回。めちゃくちゃ弾きました。

b298.jpg

同日に62センチくらいのウナギも蒲焼きにして、どんぶりにしましたが、写真の状況です。極太ウナギは開いた状態で62センチウナギの約倍の幅があったため、縦に半分に切ってから、通常通り横に切り、盛ってみました。
うまかったけど、脂乗りすぎです。これははっきり言ってくどい。ふた切れ(一切れを縦に半分に切ってあるんですけど)で十分でした。

私は今まで、最大で80センチくらいのウナギまでしか焼いた事がありませんでしたが、このような巨大なウナギの場合、普通に焼いても皮が分厚く硬く、ゴムのようで、中までうまく焼けず、小骨が気になるような噂を聞いていました。しかし実際に焼いてみると、皮はパリパリでうまみと脂のあるせんべいのようになり、骨は全く気にならず、中までしっかりと焼いて、美味しく食べることができました。巨大なウナギでも、特殊な技法や蒸しを入れなくとも、うまく焼けば全くマイナス要素のない状態に仕上げることができると分かり、非常に有意義なウナギ食いでした。

ただ、私も全く何も工夫せずに焼いたわけではないので、一応メモ的に書いておきます。
まず、焼き始めてからは何もせずいつもどおりに焼き、火が通ってきたら皮目に串でいくつか細かい穴を開けておきました。普通のサイズのウナギは自然と皮目からも脂が染み出てきますが、皮が分厚く脂が染み出ないかと思ったから、それと火が通りやすくするためです。あとは、ウナギがあまりにも重く、外れそうだったので、途中で追い串しました。はじめは4本で、最終的には2本増やして6本。追い串をすると、もちろんウナギを支える串の本数も多くなって、そういう意味もあるのですが、串の穴の分中まで火が通りやすくなったりします。あとは、普段よりまじめに?返しをしたぐらいでしょうか。

今日も雨が降りました。今週もう一度くらい行こうか、迷ってます。

やっと梅雨入り

こんにちは。今週は東海地方も本格的梅雨入りとなりましたね。今日も雨模様です。

さて、先日のウナギ突きですが、

b292.jpg

ウナギは一本も突けませんでした(爆)
潜ってみて分かったのですが、やっぱり時期が遅れている。大きなウナギが全然出てきていませんでした。細かい40センチ以下くらいのウナギはたくさん見ましたが、突いても仕方ないですし。大きなウグイが怖くなるぐらい沢山いたので、手ごろなサイズをいくつか突いてきました。

今年は季節の遅れに加えて、全然雨が降りません。
いわゆる“五月の長雨”の時期にはスズメの涙ほどしか雨が降らず、梅雨入りも遅れました。全国のうなぎ釣り師のみなさまも苦労されているのではないでしょうか。私はもちろん、雨が降らない間はウナギ釣りに行きませんでした←

で、今週は梅雨入りしてそれなりに雨が降り始めたので、どうかなーと思って行ってきました。

水曜日は前回釣りをした川へ。今回はお客様(?)も一緒の釣行でした。私はどうにも、ウナギ釣りをあまりしない方、あまり一緒にウナギ釣りに行かない方とウナギ釣りに来ると釣れないことが多いです。

・・・、釣り始めてしばらく、ウナギは釣れません。釣れた!と思ったら、マアナゴばかり。私はマアナゴが釣れるからウナギが釣れないなんて考えたことは一度もなかったのですが、あまりにもアナゴしか釣れないのでさすがに今日は潮が濃くてあかんかな?と思っていました。
そんなところへ9時前くらい、大きなアタリ。今回は前回の反省を生かして先糸を結んであるので、切れる心配はないはず・・・。一定速度で巻き上げ、なんとか良いサイズを一本上げることができました。よかった。
そのあとは同行者にもほぼ同サイズのウナギが釣れ、それなりに良い釣行となりました。水を舐めてみたら20PSU近くありました。潮濃いわ。

b293.jpg

さて明けて翌日。前日の釣行、採集に加えて、寝不足、過労働が祟って疲弊しきっていたのですが、貴重な晴れ間だと思ってごく近の新しい場所に釣りに出掛けました。しかしながらやる気はあまり出ず、友人に竿を任せ、日没後30分きっちりからペットボトルを仕掛けようなんて思っていました。

b294.jpg

魚に持っていかれるような大きな竿の動きに友人が走り、700gのウナギが釣れました。あんなしょうもない場所で・・・。蚊が多かったのと、満足してしまったのと、腹が減ったので、8時すぎにはやめました。ライトで照らしてみると摂餌行動中のウナギがいたので、もう少し条件の良い日にまた行ってみようと思います。

今年のうなぎ筒

今年は忙しいせいで、なかなかウナギ筒を上げに行けなかったのですが、意を決して(?)、先日潮の良いタイミングを見計らっていってきました。

何度も書いていますが、ウナギ筒は定期的に上げてやらないと筒内に泥が詰まり、ウナギが入らなくなってしまいます。今期一度も上げていなかった筒は、予想していたことですが、半分くらい泥の中に埋まっていました。

それでもなんとか、蒲焼きサイズ3本とエンピツ3本をあげることができました。エンピツサイズは希望者がいたので送り(飼育用です)、蒲焼きサイズは食べましたが、みな似たり寄ったりで脂がいまいちでした。うーむ。

明日は今期初のウナギ突きに行ってきます。シーズンはじめなのであまり期待はしていないですが、良い型1本は捕りたいなぁ・・・
プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。