スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎを食べて、やる気を出す

おはようございます。うなたろうです。
昨日から東海地方、ひいてはほかの各地にもほど良く秋の雨が降っております。秋の雨と言えばクダリウナギ。今年はウナギ不漁の年ではありますが、後半戦では時間が許す限り、一発逆転を狙って行こうと思います。

さて、そろそろ冷凍庫の邪魔者を片付けようと思いせっかくその気になってきたので、冷凍してあったウナギを蒲焼きで賞味しました。

b308.jpg b309.jpg

どんな焼き器を使っても、焼き方はいつも同じです。今回は86センチ、55センチ、50センチと焼きました。50センチの個体が一番美味しかったです。タレもちゃんと生きていました。

閑話休題。ありがたい先輩から長いヤスを貸してもらいました。

b307.jpg b306.jpg

アルミ製の連結式3m。ヤス先は羽ヤスの1本です。ついでに土佐銛も貸して頂きました。ありがたや。
ウナギ突きには短くて刃の多いヤスが適しているため使う事はありませんが、これで海の大物を突いてくることがあるやもしれません。こうご期待!
スポンサーサイト

諦めきれず・・・

こんばんは。うなたろうです。

先回の潜りではまさかの坊主。あまりにも川況が悪かったので、もう今年はやめだ、と思っていたのですが、私の何くそ根性というか、捕れなかった鬱憤を晴らしたかったのと、やはり駄目な年であっても川の中のことをよくよく知っておくことは大事だと思ったので、週末潜りに行ってきました。

前回潜った場所はまず駄目だと思ったので、状況が悪化していなさそうな二カ所を選びました。まずは潮が高いうちに汽水域のポイントへ。いつも車を停めている場所は謎の外人が五月蠅かったので、別の場所から潜り開始。入って早々、小さな平たい魚が視界に入りました。体型からして、まさかブルーギルかと思って近付いてみると、マタナゴ(※コイ科ではない)でした。

小さなヒラスズキ、シマイサキなどと遊びながら進んでいくと、急にライトが暗くなりました。ちょっとおかしいので、友人に合図して、いったん上がってみると、ひどい浸水・・・。まだ買ってしよう2回目くらいなのに・・・。

気を取り直して再エントリー。ウナギはいるにはいるのですがいずれも小さい。仕方がないので40そこそこのウナギを1本。友人も50満たないサイズを2本。普段であれば50以下は突かないのですが、だっていないもん(爆)
帰り道でも同じようなサイズ模様でした。クダリかけは1本突けて、なんとか及第点。ボラはまだいないようでした。あとひと月かな。

上がって今度は上流へ。毎回大物が出るポイントなので、ある程度は期待してみたのですが、ウナギは2目撃、しかもメソのみ。雑ものを少し突いて上がりました。トホホ。

b304.jpg


ウナギ突きを終えてからは少し採集に行きましたが、いかんせん潮が引きすぎです。どうしようか、もう帰ろうかと思いつつ川底を見ていると、いくつか泥の底に穴が開いています。ウナギがいる、うまそう!
どうやって捕ろうか悩んだ末、ヤスで突くのはリスクが大きいと考え、即席のペットボトルで口元に垂らす作戦に出ました。餌は現地調達のテナガエビ。一発目、咥えて穴まで持っていきますが餌だけ噛まれておわり。焦りすぎました。まだ顔を出す気配があったので、もう一度餌をつけ直し、二発目。穴の前に餌を持っていくと、警戒しているのか穴の中へと入っていってしまいました・・・。
ここで諦めないのが私うなたろうです(笑)しばらくそのへんを徘徊してから現場に戻り、今度は餌を動かし誘いをかけてみました。・・・と、咥えた!1、2、3、・・・15秒、16秒、錘が引き込まれた、今だっ!
ウナギが入っていたのが石の穴ではなく、泥の穴だったので、いとも簡単に抜きあげることができました。これが55cm。見た目にも美味しそう、かつ本日最大のウナギでした。

b305.jpg
プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。