スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいタレ

台風一過です。今回の台風は予想進路より随分東を通ってくれたため、我が家はさほど被害を受けませんでした。東の方は大変だったようで、ご愁傷さまです。
ただ雨だけは沢山降りました。家の隣の水路の水が溢れて、あたり一面水。畑が水浸しになってしまいました。せっかく種蒔きしたのになぁ。これだけ雨が降ったので、場所を変えながら数日間はウナギ釣りが楽しめそうですね。

さて先日は久しぶりに継ぎ足しのタレを作りました。

今年は家で焼く機会が少なく、タレもあんまり減らないなと思っていたのですが、気が付くとタレがシーズン初めの4割くらいにまで減っていたので、新作することにしました。

b154.jpg

最近獲ったクダリの骨をよく焼いたものと、この前作ったアユの焼き干しをダシに使いました。今回は少し分量を変えて、酒を200(ml)、醤油を200にしました。当然これでは醤油が足りないので残りはたまり醤油を少量加えて調整し、酒は梅酒を30くらい入れてみました。

b155.jpg

弱火で煮詰めていって、きめ細かい泡になってきたらだいたい出来上がりです。
ページで紹介している分ける方法は意外と面倒くさいので、まず醤油は100入れて煮詰め、全体が煮詰まってきたら残りの100を加え、15分ほど煮詰めて終了しました。この方が簡単ですし、失敗のリスクの少なさは同程度でしょう。

せっかくタレを継ぎ足したので、ウナギを焼いてみました。

b156.jpg

このウナギは8月に突いてきた57センチくらいのもの。脂度3.5くらいかなぁと思って焼いたらやっぱりそれくらいでした。クダリじゃないといかんね。

b157.jpg

うまく焼けました。脂はそこそこでも非常に味のあるウナギでした。
うちの掲示板やメールで、よく「焼きすぎてしまった」とのご意見を頂きます。多分皮が実際に、焼きすぎなのではないかと思います。今回は時間配分を考えながら(いつもはフィーリングなのを計ってみました)焼きましたが、身:皮の焼き時間は6:4くらい。ちょうどパリッとして、美味しい皮になりました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。