スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まともな釣果

台風が過ぎ去ってから一日。昨夜は雑務に追われ、急用も入ったりしてウナギ釣りに行ける状況ではありませんでしたが、今日は無理やりに予定をこじ開け、ウナギ釣りに行ってきました。

今期の秋シーズンは昨年以上にウナギを釣っていません。これは釣行回数自体が少ないということもありますが、無理な遠征や、深読みのしすぎなども敗因な気がしています。

さて基本に立ち返って。
今日はまだ台風の影響でどこも濁りっぱなしです。薄くて濁り4。また流れも強く、ゴミも多いです。こんなときの頼みが、淡水ポイント。流れの影響(つまり、ゴミの引っかかり)が少ないのが魅力です。

その中でも、今回はあるポイントを選びました。ここは雨が多すぎるくらい降るとよく釣れる場所で、今年はあまり行っていなかったのですが、一か八か、行ってみました。

予想通り、大雨の影響で水は茶色く濁り、濁り度4といったところ。通常の汽水域ならば濁りすぎと判断するところですが、ここはこれがいいはず。手持ちが少なかったこともあって、とりあえずペット9本と竿2本を出してみました。近め、遠めどちらがいいか迷って、遠め8:近め3にしました。

18時前から釣り開始。餌は淡水であっても当然アオイソメです。18時15分にペットボトルが倒れ、何かなぁと思って上げてみるとフナ。今日のところはお帰り頂きます。18時25分、釣り開始から30分経過しますが、他は何も釣れません。魚があまり跳ねず静かなことといい、このポイントでは最高に思えたのですが、相変わらずの貧果で終わってしまうのかも。

そう思っていた半過ぎ、ようやくペットボトルがパタンと倒れました。これは近めのボトル。上げてみると45くらいの太めのウナギです。
そうかと思っているとそのとなりのペットボトルも倒れています。引いてみると何かに潜られている感覚。慎重にずずっと抜いて、引き上げると60はあろうかという良型です。時合がやってきました。

ここで私はしまった、と思いました。今日は遠めがいいだろうと思って、遠め重視の配置にしていたからです。すぐさま今のペットボトルに針を結び、また予備としてとっておいた二本のペットボトルを近めで投入しました。

すると今度は遠めのペットが倒れる。引いてみるとウナギの感触です。これが50くらい。

ウナギのハリスを口で切りながら遠投してあった竿先を何気なく見ているとウナギらしいアタリがきてます。これが55分頃。思いっきり咥えこんだのを見計らって、軽くアワセ。巻いてみるとなかなか重くて、これが60ないくらいのサイズ。今日は釣れるウナギがみな太いです。

19時を回って、魚たちが騒がしく飛び跳ねるようになりました。おそらくボラかスズキか何かだと思いますが、こうして騒がしくなると夢の時間は終了です。
やっぱりアタリがなくなって、10分にペットが一本倒れましたが根に入られて終了。もう釣れないと判断して19時15分には終了しました。

結局釣果はリリースを含めて7本。久々にアップし甲斐があるなと思いました(笑)

b158.jpg
スポンサーサイト

comment

Secret

ウナギ釣り

私も今日、ウナギ釣りに行ってきました。いつもの場所から1kmほど上流で釣りましたが、現地に到着したのが7時ごろで辺りは真っ暗。ペットボトル6本で40cm前後が2本だけでした。予備も含め全部根がかりでハリスが切れ、30分ほどで終了しました。

No title

7時からというと時合も終わり頃ですね。もう少し早くから釣りできれば、太いウナギが釣れたかもしれません。
今日もウナギ釣りに行きたいのですが、なかなか・・・
プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。