スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くだらないウナギ釣り

コンバンワ。やっと台風の影響も収まってきました。三重県内の氾濫が心配された某川も、やっと濁りがとれてきたようです。

10月10日はもちろんウナギ釣り。と思ったのですが何分忙しくて思ったポイントに行けない。仕方がないので前日に釣りをしたポイントに入りました。

現地に着いたのが17時50分なのですが、水面のうるさい様子を見て、今日はダメだなと思いました。外道が活発な日は大抵メソ1,2本で終わります。
17時55分から釣り始めましたが、釣れるのはフナ、フナ、フナ・・・。なぜかマハゼも釣れました。メソが一本。前日に良かった時間を過ぎて、もうダメかなと思っていたらなんとか蒲焼きサイズが一本釣れました。

これが19時過ぎのことで、少しまわりの様子を見にいきました。するとNさんと遭遇。Nさんも同じようなサイズのウナギを釣っていました。翌日の話などをして、気付いたらもう20時半。いろいろやることがあったのでペットボトルを片付けようと現場に戻ると、ペットボトルが半数以上倒れています。これは迂闊だったと思って上げてみるも後の祭り。ただでさえ根の多いポイントで根がかりばかり、しかもおそらくフナによって複数の仕掛けが絡まっており、全く、往生こきました・・・。


翌日曜はNさん、Sさんと琵琶湖へ行きました。狙いは、琵琶湖のイワトコナマズ。そして、くだらないウナギです。
以前にも書いたような気がしますが、琵琶湖は唯一の流出河川である瀬田川口に設けられた南郷洗堰の存在によって海との行き来ができない状態となっています。琵琶湖にいるウナギは、今では放流由来のものばかり。しかも海へ下ることができないので、くだらない、くだれないのです。

せっかく琵琶湖へ来たので採集もしました。楽しかったけど疲れました。
b165.jpg


ポイントへ向かう途中、とある水路に寄りました。水路といっても水はなく、要するにミミズを掘るためにやってきたわけです。この時期は乾燥していてミミズの採取に苦労するのですが、釣りに使う分くらいは確保できました。豊かな環境に感謝。
b159.jpg

ポイントに到着し、まずは釣りを予定していた二カ所のポイントを見てまわりました。時期が時期なので、湖岸は死んだアユがいっぱい。餌はふんだんにあるので、釣れないかも、と少し思う一方、これらの餌によってイワトコが近付いてきてるかも、と思いました。

17時50分頃になって、仕掛けを始めました。すると仕掛けているそばからボトルが倒れて糸がガリガリと勢いよく出ていく。引いてみるとスカです。こんなあたりは通常ウナギでは考えられないので、他の何か。ビワ大が連想されました。
そんなこんなで期待をしつつ、仕掛け終えてもう一カ所にも仕掛けをしました。せっかく三人もいたのですが、車が一台しかないこともあって、場所の移動は三人揃ってすることにしました。

戻ってみた18時50分頃、ボトルが倒れていました。どうせスカかなと思いながら引いてみると魚のついている感触です。スカだと思って引いたので道糸で指を傷つけてしまいましたが、根に潜られないようにがむしゃらに手繰ってくるとウナギの感触です。予想以上に引きましたが、上がってきたのは70ないくらいのウナギ。Nさんに手伝ってもらって陸揚げしました。

b160.jpg

コー●ンで購入した激安タモですが、ウナギが暴れずウナギ掬いには最良のタモ網です。

その15分後くらいにはNさんがウナギと格闘しますが、なんとハリス切れ。ハリスが痛んでいたと思われました。人の振り見て・・・という言葉を今になってみればそのとき感じるべきでした。

その後は時合が終わったのか本当に何にも釣れず、たまに釣れるのはブルーギルだけ。しかも二か所のポイントをA,Bとすると、Aではウナギが釣れたりボトルもそれなりに倒れるのですが、Bはずっと棒立ち。
これではあかんなぁと思っていた11時頃、Bに行ってみると複数のボトルが倒れていました。スカ、スカ、スカ、・・・アタリ!Nさんのあげた仕掛けには何か掛かっていたようです。

「ナマズ!」の声にタモを探すも見つからない。そうだ車に積んだんだった。そのときの急ぎようといったら、今年一番くらい急いで走りました。これをバラしたら本当に後悔するかもしれん。

急いで戻ってタモ網で掬い上げましたが、「ナマズかもよ」とNさん。ナマズってもしかして・・と確認すると、目は横には付いていませんでした・・・。ナマズ、琵琶湖のナマズでした。

b161.jpg

かなり太くて目方で1.5キロくらいありました。

それからは本当に何も釣れず、日付が変わって眠さも限界という頃、Bで事件が発生し(掲示板参照)一気に目が覚めました。むしろ笑えました(笑)なぜかすごく冷静でした。

そんなこんなで3時には現地を発って、7時前にはNさん宅に着きました。今回は色々な意味で収穫の多い釣行でしたが、ひとまずはウナギが釣れてよかった。

結局ウナギは一本しか釣れなかったので、Nさん宅でうな丼にして食べました。

b162.jpg b164.jpg

測ったら62センチでした。脂度は4くらいで、美味しく頂きました。これまた色々と発見、考えさせられることがありました。



とここで終わればよかったのですが、懲りずに火曜日はKさんとウナギ釣りに。月曜もウナギの予定でしたが、お流れに。火曜ではさすがにだいぶ濁りが取れてきていて、濁り度2くらい。本当に外道も何も釣れず、そろそろ帰ろうかと思った18時半頃に大きなアタリで、ウナギでした。竿で掛かったのですが、道糸がかなり劣化している竿で、大きなウナギの引きには耐えきれず、錘から切れました・・・。あの引き、場所から考えて、多分クダリウナギだったんだろうなぁ。悔しさだけが残りました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。