スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウナギが釣れない

こんにちは。最近ウナギの顔を拝むことができません(笑

一昨日は濁り過ぎで退却。昨日は濁り度3、曇り、餌ドバミミズという好条件で臨みましたが釣れず。一本外道のマハゼを尾掛けにして投げ込んでおいたのですが、パタンと倒れて糸がバチバチ音を立てながら出て行く。手繰ってみるとウナギではないですが只者ではない引きです。
アカエイ、コイ、クロダイのうちのどれかだろうと思い、手繰り寄せるときの感触からアカエイだと確信。底の方に潜って踏ん張ろうとするようなかんじがあります。
ある程度手繰っても物凄い引きで、無理に引くとラインで指が切れてしまいます(実際切れました)。ある程度緩急をつけながら手繰り寄せたりまた引っ張られたりして、10分ほどでやっと陸揚げしました。疲れたけど面白かったです(笑
ま、この場所はウナギがあまりいない、ということにしておきます(ぁ

さて、大雨で凄い出水があったようなので、週末あたり行こうかなとなんとなく思ってます。今度こそウナギの顔を拝まないと、久々の三連敗になってしまいますからね。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニホンウナギ 世界初の親魚捕獲 マリアナ諸島西方で

 生態に謎の多いニホンウナギの親魚が、マリアナ諸島西方の太平洋で、世界で初めて捕獲された。水産庁と水産総合研究センターが22日、発表した。現場の水温や塩分濃度も分かり、養殖技術の向上にもつながるという。【写真特集】海の生物なら 毎日水族館  ニホンウナ?...

comment

Secret

プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。