スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小春日和のさかなつかまし

先日のブログでは途中でしたが、フナ味噌炊き上がりました。

b214.jpg

誰がどう見てもただの味噌のかたまりと豆にしか見えませんね(笑)

一昨日はあいにくの天候で、随分と寒くなったなぁと感じましたが、一方で昨日は風もなく、非常に暖かい日和となりました。こんな日はさかなつかましに行くしかない、と思い、ちょっと行ってきました。まずは筒。

寒さが本格的になって水温が下がってくると、魚たちは温かい場所を求め、集まります。そういう場所は大抵湧水があったりします。また、寒くなると筒にもよく入るようになります。

b215.jpg

うーん、今年はまだ暖かいせいか、入りが悪いです。フナが沢山捕れるのはいいのだけどあまり良い型のナマズがいない。今年は暖冬と言われているので、ずっとこの調子かもしれません。

b216.jpg b217.jpg

まぁしかし、多少小さいながらも良いナマズ、フナが捕れました。それにドンコも。

b218.jpg

細かい魚はこんなかんじ。オイカワやタモロコの大きなものは選って、素焼きにしておきます。
他はフナと、それ以外に分け、さらに不味いものを取り除いて炊きます。

b221.jpg
スポンサーサイト

comment

Secret

食べてみた~い

こんにちは、うなたろうさん
フナ味噌おいしそうですね。関東ではフナは甘露煮です。味噌はどのような味噌を使うのでしょうか。私も今度作ってみたいと思います。

No title

こんばんは。
関東の甘露煮も美味しいですね。こちらでも小さなものは甘露煮(関東とは少し味の系統が違います)にしますが、大きなものは決まってフナ味噌です。

フナ味噌だけに手前味噌ですが
http://www.geocities.jp/morokounataro/h1.html

このレシピをベースにしてみると良いと思います。アドバイスとして、フナ味噌初心者は丸ごと炊くよりは、頭を取り外して炊いた方が良い、また生よりは焼くなり湯引きするなりした方がクセなく仕上がります。

写真ではフナの姿が残っていますが、かき混ぜてご飯に乗せて食べるのが私は一番好きです。
プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。