スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捕鯨問題

こんにちは。先日また下らない捕鯨ネタが出ましたね。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/145153

今回はちゃんと日本政府が厳重抗議したみたいです。

私はクジラの肉が大好物です。しかし愛玩動物としてのイルカクジラは否定しません。たしかに可愛いですからね。しかしそんなことを言い出したらばウシやブタだって可愛い。ジビエ肉のカモやノウサギだって可愛いと思います。クジラの肉は、ジビエ肉に等しい存在であったものだと私は思います。野のもの、海のものとしてクジラを狩る。そしてありがたく頂く。それがあるべき姿ではないでしょうか。

ちなみに言うと私は調査捕鯨自体は全く否定しませんが、早く商業捕鯨を再開してほしいと強く願っています。理由はいろいろありますが、調査捕鯨に関して言えばある程度情報が集積してきており、科学的根拠に基づいて一部の種については捕鯨が可能であること、また、「捕鯨、鯨利用は日本の文化だ」とはっきり主張したいのであれば、文化保護としての捕鯨をするべき、言い訳がましい調査捕鯨未利用資源の利用のみでは、鯨文化は衰退するばかりです。

↓反捕鯨団体船の漂流物から80センチの矢 水産庁回収
http://www.asahi.com/international/update/0108/TKY201001080346.html

某環境保護団体が公然と環境破壊をしています。こういった問題をよく考えてもらいたいものです。一部の西洋のみなさん。日本では緑豆が公然と窃盗をするなんて事がありましたね。

文章だけではつまらないので、写真載せておきます。

b257.jpg

左側がゴンドウ(多分オキゴン)の“骨はぎ”、右側はミンクの“うでもの”(内臓を茹でただけ)。うでものは本当に旨い。しかも結構安いところが嬉しいです。一部の道の駅等で購入できます。

b258.jpg

左はゴンドウの刺身、右は尾の身の刺身です。まず牛より旨いね。しかしべらぼーに高いです。

b259.jpg

これはさえずりの部分を茹でたもの。口の中でとろけます。これもミンクだったっけなぁ。グラム1300円くらいだったと記憶しています。

b260.jpg

自家製の鯨ベーコン。厚く切った方が旨いと思います。
日本国内で流通している「クジラ」は、圧倒的にミンククジラ(ミナミミンク?)が多いようです。あとはイワシクジラ。マッコウは食べたことないのですが旨いんだろうか。とにかく、捕鯨問題が良い方向に解決することを切に願っています。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。