スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「からすみ」は簡単に作れます

はい、捕鯨問題で終始憤っておりますうなたろうです。海外版A●AHI新聞ではこの件でガセネタも出ているようで、全くもってけしからん。彼らは本当にJAPANメディアなのでしょうか。

と、こんな愚痴をだらだら書き並べても仕方がないので、捕鯨問題に興味のおありの方はどうぞお気軽にメール下さい。懇切丁寧にお返事いたします。(当然冗談ですが)



閑話休題。昨年の事ですが、私の働く魚屋で大ぶりなハラコのボラが売られていました。それが一尾たったの500円。激安です。一番大きなもので70センチほどありました。ボラは身も大好きですが、卵はもっと好き。何を隠そう、かの高級珍味、日本三大珍味のひとつとも言われる、「からすみ」はこのボラの卵巣から作られるのですから!!

とは言っても、別にからすみ自体は日本固有の料理ではありません。魚類の卵巣を塩漬けにし、同様に加工する料理は我らがヨーロッパにもあります。そもそもからすみ作りの起源は海外なのです。

からすみは卵巣であればなんでもできます。でもやっぱりボラ子で作った「本からすみ」がうまいことは間違いないのです。しかしこれが高い。国産だとだいたいグラム7000円とかします。到底手の届かないシロモノです。だから自分で作るが一番。これに越したことはありません。

作り方はいたってシンプル。まずは卵巣を丁寧に取り出し、塩漬けにします。

b262.jpg

塩漬け後。私の取り出し方が非常に丁寧だったので、卵がこぼれまくってます。実際には卵巣表面に走る血管内の血液のかたまりを、串などを使って取り出してから塩漬けした方が良いです。その方が綺麗に仕上がるのですが、ものぐさな私はそんなことも忘れて塩漬けしてしまいました。

一週間ほど塩漬けした卵巣は、軽くすすいでから塩抜きします。ボールに溜まり水でだいたい8時間くらいですね。あくまでだいたいです。

塩抜きしたら今度は酒に漬けます。うまく全体が酒に浸かるようにして下さい。これでまた一週間置きます。

最後に干します。水気をよく拭き取って、板の上などに並べ、天日に干します。時々ひっくり返したり、またまな等を使って挟んで成形しながら、根気よく一週間から10日ほど干してできあがりです。

b261.jpg

こんなに沢山のからすみができました。分厚く切って、炙って食べる。これほどの幸せはありませんね。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。