スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシアでペットボトル釣法

インドネシアから帰ってきました。とにかく疲れた。そして非常に下痢気味です(笑)

b272.jpg

こまかな話は暇のあるときに書くとして、
せっかくインドネシアまで行ったので海でペットボトル釣法を試みました。

b273.jpg

最近調子の良い百円緑茶、それに定評のある氷結レモンボトルを持参しました。合計4本です。
餌には市場でタダ同然で購入したクズ魚、主にイワシやヒイラギの類を用いました。現地の日の入り時刻はだいたい18時40分くらいで、17時過ぎから19時20分まで釣りをしました。

はじめのうちは本当に何も釣れず、あげてみても餌は常に丸付き。まわりは現地の子どもたちがたくさんいて、泳いだり集まってきたりして、魚の釣れるような雰囲気ではありません。

ところが18時を回った頃、日本人は釣りが下手だと思われたりしたらあかんなぁと思っていた矢先、ペットボトルが倒れました。

b274.jpg

サラサハタが釣れました。現地ではハタのことをGAROPAと呼ぶようです。この魚は非常に美味しいので、東南アジア各地で養殖されていたりします。

b275.jpg

かわいい。

このあと何かナガモノが掛かるのですが、残念ながら油断してペットボトルを落としてしまい、結局バラシ。19時を回るとアタリが無くなり、餌取りばかりになりました。(タイワンガザミっぽい)




おまけ。

b276.jpg

インドネシアでもペットボトル釣法が流行っているようです(笑)
スポンサーサイト

comment

Secret

南の国は暑かった?

シンガポールまでしか行ったことがありませんが、インドネシアへは海洋調査に行かれたのですが。ペットボトル持参とはさすがですね。私もニュージーランドへ旅行した時、ホームスティ先の人に連れられてウナギ釣りに出かけたことありますよ。餌はやっぱりドバミミズでしたが、今から思えば深夜でしたので細いのが1本しか釣れませんでした。

スラマッシアン

うなたろうさん、インドネシアは楽しめましたか。
去年、私もタイのシセケットの川でペットボトル釣法をしました。ナマズが釣れました。地元の人がペットボトルで魚を釣るのを見て驚いていました。

No title

書き込みありがとうございます。

ザリガニさん

非常に暑いです。朝晩問わず蒸し暑く、毎晩熱帯夜(熱帯だから当然か)でした。ニュージーランドはウナギの本場ですねぇ。私もウナギが釣りたかったのですが・・・。

うな吉さん

スラマッマラン。インドネシアはひたすら、驚きの連続でした。いい経験にはなったと思います。インドネシアの共通語はマレー語を基本にして作られたと聞きました。全く何も勉強せずに行きましたが(笑)、基本的な言葉は生活するうちに覚えました。
ペットボトル釣法は、現地の子どもたちにかなりウケました。ですが友人が使っていた高級?な竿の方が注目されていてちょっと残念な気持ちに・・・
プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。