スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪雨のオオウナギ

みなさまおはようございます。私は今全身の謎の微妙な筋肉痛に苛まれております。
順番が前後してしまうのですがまずは今週末の話題から。


和歌山、行ってきました。
狙いは、何を隠そう、ウナギ科三目釣り。五目釣りは多分無理なので三目釣りです。

前々日までの予報で、和歌山県の予報は土日共に晴れ時々曇り。連日の晴れ続きのあとだったので、ウナギ釣りにはちょっと微妙かと思いましたが、雨の中の釣りは疲れます。丁度良いと思っていました。

それがなんで当日になって豪雨なの(苦笑)土曜朝、和歌山南部、一時間に30ミリ越えです。時間50ミリ以上の雨が断続的に降り続く状況でした。

b299.jpg

ふーん・・・

b300.jpg

当然川はほとんどがだくだくです。あまり濁っていない小河川でも、水量は普段の数倍になっていました。こんな状況で釣りするの?俺。
頑張ってやって来たからには釣りしないわけにはいきません。18時半から延縄を仕掛け始め、19時15分には40針を投入、それから竿とペットボトルでウナギ釣りを始めました。

降り続く雨に、風。はっきり言って風で当たりが分かりません(笑)ペットボトルは何度も倒れましたが、毎回スカ。途中、竿が張っていなくなっていたのを上げてみたら運よくウナギ(Anguilla japonica)が掛かっていました、60センチくらい。なんとか坊主は逃れました。
当初は日付が変わるまで釣り続けるつもりでしたが、あまりにも風が強くなってきたため10時納竿。結局メソ1中1。一目釣りになってしまいました。

その後、なんとかかんとか、タモ網で成果を出しました。小さいですがオオウナギA.marmorataです。掬われました、否、救われました。

b301.jpg

オマケ。野外ではフライパンで蒸すのが効率良いです。

b302.jpg
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。