スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風一過

平成16年以来の6月台風でしたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私のすみかは網戸が吹っ飛んだりしましたが、一応大した被害はありませんでした。予想よりもはるかに東のルートで、ひやひやしました(笑)

台風と言えば恵みの雨です。今回の台風はしっかりと雨をもってきてくれまして、三重県下は軒並み100ミリ程度か、それ以上の大雨となりました。
当然、ウナギ釣りのことを考えるわけですが、どうにもちょいどよい日の都合がつきません。思い切って今日、夕方のわずかな隙間を使って、身近の、新規開拓ポイントに出掛けることにしました。

出掛ける途中にミミズを掘ろうと覗いた水路に落ち葉がない(笑)台風の大雨ですべて流出してしまった模様です。仕方がないので、太イソメを購入しました。

b312.jpg

ここならなんとか、夕方に時間を見つけて出掛けることができる程度の場所です。汽水っぽいけど、どうかなぁ。濁り度は3で、最高ですが、ちょっと水質の悪い濁りも混ざっていて正確な判断ではないかもしれません。ボラ類の幼魚が忙しく泳ぎ回っていて、活性(?)は高そう!この場所でとりあえず釣ってみることにしました。
ただ、釣れない不安もあったため、ここから少し離れた場所でも同時にペットボトルを並べることにしました。釣り座を考えている最中にミミズを発見し、一回分くらい確保しました(ラッキー)



19時16分。我慢できずに先に入れておいたペットボトルの糸が弛んでいきます。おー、ウナギだ。確実にウナギの引きだったのですが餌の先だけ食いちぎられました。これは時合いが早いと読んで、19時20分には投入開始。19時30分には1本目が釣れました。

もう一カ所、仕掛けた方も何度もペットボトルが倒れるのですが、スカか、あるいはカキガラが多いのか、スパッと切れてしまいます。ひとつ確実にウナギという引きのものもプッツン。これは見回り方式でなくて、ずっと見続けていないと釣果は望めなさそうです。

19時50分、先ほどとほぼ同じ場所でまた1本。この場所、20mくらいにわたってペットボトルを置いてみたのですが、釣れるのはたった3mほどの範囲だけ。あとはずっと棒立ちです。この3mくらいの範囲は面白いほどペットボトルが倒れます。

20時20分。もうそろそろあまり倒れなくなってきたので、帰り支度。支度中に電気ウキの地元の方が現れました。ここは細いのばかりで駄目だよねと。たしかに今日は両方ともちょうど40くらい。細いです・・・。いや太いかんじの引きも一回あったけどごにょごにょ。

30分ほど長話をして、先の3mポイントに戻ってくると3本残してあった全てのボトルが倒れています。1本目・・・めっちゃ動いててスカ。2本目・・・おお、これはなんかついてるな、48センチくらいのウナギがぐるぐる巻きになっていました。そして3本目、こ、これは!久しぶりの重い引き、いいウナギだ。慎重に引き寄せるもときたまバシャバシャと暴れます。これだよこれ。

b314.jpg

60UPでした。やっぱりこういうウナギを釣らないといけませんよね。
ところで、ぐるぐる巻きになった目測48センチのウナギ。バケツに入れようと思ったら姿がありません。
なんと、釣り場にあったヘビか何かの縦穴に、入り込んで、出てこなくなっている!大きなウナギと遊んでいる間に、絡まったラインを外し、針も外した模様。結局このウナギはお蔵入り(?)となってしまい、持ち帰りは3本でした。それでも、感覚の良い新規開拓でした。

場所を選び歩けば、愛知三重県は週末までずっと釣り続けることも可能だと思います。明日も行きたい、ウナギ釣り(願望)
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。