スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくぶりのウナギ突き

こんばんは、ご無沙汰しております。うなたろうです。

この週末は約2年ぶりに、Nさん、Mさん、Oさんとウナギ突きに行ってきました。場所は琵琶湖。いくら生きても産卵に参加できないかわいそうなウナギたちの集まるところです(琵琶湖とウナギ放流の記事は以前書きました。いつごろだったか思い出せませんが・・・)。現在、天然ウナギとしての取り扱い量のいくらかはこの琵琶湖産のウナギで、岐阜の市場で3割程度、築地で2割程度です(今は少し変わっているかも)

1407677761899.jpg

上から私、Oさん、Nさん、Mさんの成果。最初にNさんの73センチのウナギを見たせいで長さ感覚がおかしくなりました(笑)Oさんの細い方のウナギは40そこそこのメソだと思っていましたが実際には55センチくらいある・・・。

1407677772000.jpg

台風の暴風雨を身に受けながら帰宅し、早速捌きました。血によく脂が滲んでおいしそう。

1407633360461.jpg

とりあえず尾三分の一を白焼きにしました。魚焼き網で55分かけて焼いてちょうどよいくらい。臀鰭の骨が少しあたりました。もう少し焼いても良かったかも。久々の天然ウナギは、脂度5の90点、今まで食べた中で20番目くらいのおいしい個体でした。個性のある風味がないのが琵琶湖産の惜しいところですが、これで明日からもがんばれそうです。
スポンサーサイト

comment

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。