スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎ疲れ

ここ数日良い雨が降っていますね。しかし今年はなんだか変。通常、梅雨の時期というのはしとしと雨が長々と続くものですが、今年は比較的短期集中型です。しかも暑いっ!

この暑い中でもやるのがウナギ釣り師というものです。

さて日曜日。この日はこまごまとした用事行事を片づけてからの釣りです。

なんとか目的の場所には時合前に到着したのですが、異常にアオサが多く、釣りにならないと判断。急いで場所を移動しますがどこも濁りが薄い、薄い。どうしようもなく以前はいったことのあるポイントへ。
いやぁ、釣れませんね(爆)本当に良いポイントなのですが、ほぼアタリなし。根がひどいのでひたすら仕掛けがなくなっていきます・・・。なんとか8時50頃に一本。50くらい。それと9時20分にペットボトルで40cmくらいのアナゴを釣って終了。貧果でした。

b92.jpg




一日あいて火曜日。

夜行く予定だった川は大増水。濁り度4、5です。私はそこの川で筒も漬けているのですが今年は入りが悪いです。この時期に蒲焼き一本だけだもんなぁ。
仕方がないので新規開拓してみることにしました。場所は私の生活圏にほど近い河口。なかなかよさげな雰囲気で、アケミの殻が沢山落ちています(笑)

地元の常連さんも現れました。これは釣れるかも!しかし待てども待てどもウナギどころか何も釣れず。常連の方も8時過ぎに納竿です。
なんというか、濁りがもっと差していればまた違うかもしれません。とにかく魚全体の活性が低かった。





そして今日。朝から夕方まで肉体労働をこなしたあとではありましたが、昨日ぼうずを食らっている手前、やらないわけにはいきません。

色々と悩みましたが、今日も新規開拓へ。今回は試し釣りということで、驚異の三点釣りです。要は三箇所で同時に釣るということ。

・場所A:濁り度3。最も期待。
・場所B:濁り度4。釣れないかなぁ。
・場所C:濁り度2。ううむ・・・。

ちなみに場所Cには先客がおりました。
とりあえず19時25分から仕掛け投入を始めました。はじめに釣れたのはなんと場所B。19時40分、しかしエンピツ。場所Aの竿に45分頃に小さいアタリのあと大きなアタリ。巻いた、乗った!これはでかいぞー・・・

すぽっ。

・・・

抜けました。

場所Cを見に行くとペットが三本も倒れている!しかしいずれも根がかり。水の動きのない場所で、かつ倒れたペットボトルのようすから何かがかかったことはたしかなのですが、うーん、多分ウナギだろうな。場所Cは根が多いみたいでした。

場所Aで8時ちょうどくらいにいいアタリ。上げてみるとなかなか太い50cmほどのウナギです。とりあえず蒲焼きぼうずは免れた。
場所Aはちょくちょくアタリが続くのですが、魚がなかなか乗りません。針がでかいのかな(ウナギ針15号)。それか活性が低いのか。案の定8時半をゆうにまわってからAで釣れた二本のウナギはいずれもエンピツでした。最初に逃したウナギが惜しい。

場所Bはあれから全く釣れず。場所Cはアタリが続きますがほぼ100パーセント根にかかり、全然釣れません。最後の最後に釣れたのが漁業調整規則ギリギリのエンピツでした・・・。

先客の方に話をきいてみましたがこちらもエンピツ・・・みたいでした。この方は浮き釣りでやってみえました。なるほど、浮き釣りであれば根にかかる確率も下がるか・・・。場所Bも場所Cも条件がもっと良ければ良いウナギが釣れるように感じました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。