スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨が明けない

梅雨が明けませんね。

おかげさまでテスト期間は明けたので、やっとサイトの更新が進められそうです(餌とか餌とか餌とか・・・



さて、
先日は友人らとウナギ突きに行きました。いやウナギ突きをする予定でした。

完全に雨をナメていまして、川に到着すると、


大 増 水


これは終わったなと思いました。水位は普段に比べ50センチほど増水しており、すでにかなり水位が引いたあとのような痕跡がありました。
またここの川は滅多な事がない限り濁らないのですが、よく濁っていました・・・(濁り度2~3)

仕方がないので海に潜りに行きましたが、やっぱり海も淡水の影響で見づらく、うねりもあってあまり魚を突くことができません。

あまりに夜にすることがなくなってしまったので、あまり増水の影響の無さそうな小河川ではえ縄でもやってみることにしました。餌は現地調達で、テナガエビ、イソスジエビ、チチブ、ゴクラクハゼ。
小河川でも小河川なりに増水していて苦労しましたが、なんとか仕掛け終えました。

夜は某所でウナギ釣りをしてみるも釣れず。時合終了で撤収。
テナガエビを掬ったりしてダラダラしていたら時間ははや1時です。

もしかして、の可能性を考え、ウナギ突きの川に戻ってみることにしました。すると若干ですが水位が下がっています。濁りも取れてきている。
これはいけるな、と思い、増水した川にエントリーしてみました。

たしかに水中では流れが普段とは違います。普段流れのないところに流れがあったり、向きが変わったりしている。しかも流れが強い。
慎重に岸沿いを伝いながら上流に向かって泳ぎます。

すると一匹目を発見。泥底の場所でぼーっとしています。これを一突き!しようと思ったら体勢を崩してしまい、うまく突けず。

そのすぐあと、いつも必ずウナギを見かける場所で60センチほどのウナギを見つける。これも寝ているようなので、ゆっくりと近付いて頭を一突き。本当はすぐそばに同じくらいの大きさのものがいたのですが、さすがに二匹いっぺんには突くことができないので見逃しました。

結局その後もう一本を突き、安全面も考えてすぐに陸に上がりました。増水した川は怖いですね。良い子はマネしないように。

そんなこんなで、朝にははえ縄を上げに行きました。なんにも掛かってないだろうと思って行ったら二匹かかっていました(両方絡んで死んでいましたが・・・。)

b114.jpg
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。