スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛恨のバラシ!

えー、只今ウナギ釣りから帰ってきまして、夕飯を食べ終えたところです。

タイトル通り、バラシマシタ・・・



一昨日は某川河口へ。どうにも濁りすぎてるなぁと思いながらの30分だけの釣りで、セイゴ30センチくらいが一尾と貧果。ウナギには濁りが強すぎました。

さて今日はその濁りすぎていた川へ。毎年良型のクダリを上げているポイントへ入りました。しかし今日になっても全然濁りは取れていなくて、濁り度4といったところ。嘆いていても仕方がないので、竿3本と、ペットボトル5本をセットしました。

しかし、釣れない。ペットボトルの方に割と頻繁に木端セイゴが掛かるだけで、竿の方は全然反応ナシ。そんな状態が30分ほど続き、そろそろ餌でも換えよまいかと思い竿をしゃくってみると、一本だけ重い。巻いてみるとやけに重いので、ゴミかなと思いましたが時々下の方へ潜られる感触があるので間違いなく魚です。
時々竿をあおりながら巻いてくるとそこには大きなウナギの姿。ライトの向きが悪くてはっきりとは見えませんが、80センチはある大物、と思いきや、プッツン。何が起こったか分からぬまま、ウナギさんは水中深くへ消えて行きました・・・。
全くもって不注意だったのですが、重いウナギをそのまま巻き上げようとして水面から上げたわけです。それで重みで切れてしまいました。冷静に判断していれば、すぐ横にスロープ状になった場所があるため、そこへ引き寄せて慎重に上げる、ということもできたのでしょうが、単純に、焦ってしまいました。無念。

明日は多分行けません。明後日からは猛烈な台風の襲撃ですね。はて今度はいつクダリウナギを狙いに行けるのか・・・
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。