スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのウナギ突きへ

今年は例年ならある「五月下旬の雨」がなく、ウナギ釣りに良い日取りが少ない日々が続きました。そうこうしているうちに、もう梅雨入りです。金曜から土曜日にかけては、降雨がありました。しかし私が行きたいポイントはどこも少雨です。日曜日の夜に空きがあったのですが、ウナギ釣りは諦めて、かわりにウナギ突きに行ってきました。

一昨年惨敗を喫したウナギ突き。昨年はコンディションは悪くなかったのですがミスが多いシーズンでした(そもそも回数が少なかったです)。今年は2週間前の土曜日に新しいポイントに出掛け、一応蒲焼きぎりぎりサイズを確保しています。この川に潜るのは、今年初めて。

この日は少し肌寒い。潜ってみるとやはり少し地形が変わっています。
2009年8月1日のウナギを突いたいつもの場所、というのは随分浅くなってしまい、年々水の流れが悪くなってきました。この日もメソ1とエンピツ1を見かけたのみ。昔は蒲焼きの鉄板ポイントだったのになぁ(いつ)。

水温も少し低めで、ウナギも活性が低いと見えましたが、それでもなんとか2本。友人が1本。及第点でしょう。潜って川を肌で感じていると、ああ、ウナギの好きじゃない環境になったなぁ、なんてのが分かってしまって、ちょっと複雑です。

b311.jpg

初うなぎ

こんにちは。ご無沙汰しております、うなたろうです。

最近各所から励ましの言葉をいただきまして、今年はなんとかこのブログ「うなぎのひるね」を更新していこうと思っております。どれだけ更新できるか、分かりませんが、よろしくお願いします。

さて、いつのまにやら今年もウナギシーズンがすでに開幕していますね。
ウナギも生き物なので、一応年中餌を摂るのですが、やはり狙って釣れるのはこの春から晩秋までの間です。

まず一回目は去年と同じくなポイントに行ったのですが(4月20日)、この日はすっかり坊主でした。ウナギらしいアタリもなし。で、GW明けの5月7日に二回目のウナギ釣りに。この日は友人二人(片方はSさん)と一緒に出掛けました。

現地に着いてみると、予想外れの濁り度3.5。ちょっと濁りすぎです。この時期は田んぼの影響があったり、今まであまり雨が降らなかったことにも起因して、濁りを読み違うことが間々あります。冬を経て、感覚が鈍っているというのもあるのですけど。

今日は初めての方もいるので、ちょっと気張ってペットボトルを準備。病み上がりではけっこう疲れますね。
時合いどおりの19時5分からペットボトルが倒れて、実際釣れたのはそこから20分間だけでした。しかもメソ3本って・・・。だいたい初釣れの日には最低1本、蒲焼きサイズを釣るのですが、今年はやや幸先悪いかんじです。

CA3I0175.jpg

久しぶりにウナギ釣り

しばらくご無沙汰だったウナギ釣りですが,最近少しばかり精神的にも肉体的にも余裕が出てきたため,ウナギ釣りに行ってきました.
まずは土曜日.台風の大雨と,さらにそのあと木曜日の午後まで降り続いた長雨.こういう雨から川の濁り方を判断することは非常に難儀なのですが,とりあえず見当を付けた場所をまわってみました.

濁り薄い,濁りすぎ,濁りすぎ・・・

4カ所目でベスト濁りな場所を発見!ここは昨年は工事中で敬遠していたポイントなのですが,申し分ない濁りでした.ただ,先客がいてまともに釣りができない(泣)仕方がないので,次のポイントへ.一かばちかのポイントへ行ってみました.

なにが一か八かというと,大雨の長雨ではゴミがよく流れます.ゴミがあっては釣りにならない.ここまで見てきた場所はいずれも流れが少なく,ゴミだらけになりにくい,あるいは釣りをしてもゴミがラインに引っ掛かりにくいポイントです.ゴミが多いと見るか,少ないとみるか.

意を決して行ってみると濁りは最高少し強め.ただゴミは見た目にはあまりなさそうです.すでに時合までわずかしか時間がないため,ここで釣ることに決めました.

しかしいざやってみるとなかなかゴミが掛かります.表層ではあまり見えなくても,ゴミが結構流れているようです.一度ガンガン当たりが出ますが掛からず.ウナギかな.
そこからまたしばらくゴミとの闘いです.せっかくいいミミズ持ってきたのに.時合も終わろうかという20時20分に竿尻がガリガリと引きづられる大きな当たり.ウナギです.2.5号のラインで,なおかつ18号以上の錘を付けて投げると切れてしまうという,非常に劣悪なラインの竿に掛かったので,慎重にやりとりして上げました.海のウナギということを主張しているような,60オーバーの良型ウナギでした.

明けて日曜日.さぁ,どこに行こうか.一番最寄りの場所は,いいかんじなのですが,どうも納得いかない.まだ茶色味が強いのです.心を決めて,昨日濁り最高だったポイントに行ってみました.
少しだけ濁りが取れていますが,まだ3の範疇というようなコンディションです.時合ちょうどの19時半に現場到着,釣り開始です.
19時50分に強烈なパタっ.ウナギです.昨夜の竿の感触が残っていて,メソかと思いましたが50UP.今日は釣れるぞと思って,ペットボトルを8本から13本に増やしました(笑)そこから鉛筆1本と45くらいのを上げて終了.このポイントは本当の時合というか,釣れ始めから釣り終わりが非常に短い.20時10分からは何も釣れませんでした.また,昨夜は竿のみでしたが,ここではペットボトルでしか釣果が出ませんでした.

月曜日も出掛けようと思っていたところが,体調不良でダウン.今日は一日安静です.

シーズン始まってます

こんばんは。更新が微妙なのはネット環境のせいにしてます。ADSLはツラヒ。

日曜日は今期初うなぎ釣りに行きました。水温17度。濁りは申し分なし。ペットボトル9本と竿2本でみ○き釣具の太アオイソメで挑みました。
釣れども釣れども本命はかからず・・・。そううまくはいきませんわね。もう上がろうかと思った19時55分頃、ペットボトルが倒れ始めましたがスカばかり。今日は駄目な日だったな、と片付けていると一番最後に残ったペットボトルの糸が弛んでいる!

グググッ、ググッ

これはウナギだ!60はありそうな引き方です。
足もとまで寄せて・・・、ほいっ!

・・・パッツン!と音がしました・・・。まさかの足元バラシ。一番やってはいけないことを、初釣り、初ウナギでやってしまいました。錘から切れました。

しばし置いて昨日。少し雨が降りすぎ気味だったので迷ったのですが、限られた時間で行くことのできる範囲で、濁りがある程度取れやすい某所へ。案の定一番濁りが薄い。なかなか良い条件です。
水温を測るとこれまた17度。今年はまだまだ低いですね。釣れ無さそうな気配を感じながら待つこと50分、ついにペットボトルがいきおいよく倒れました。ガリガリと引きだされていく糸。
これは確実に乗ったな、と思って上げてくるとこれまた60サイズの引きです。ヤな予感がするゾ。ふっと軽くなりました。ばれたー!
あげてみると餌も殆ど齧られていません。甘噛みですね、これは。
このあともう一度すっぽ抜けをやりました。まだ水温が低いんだろうなぁ、食い込みがかなり甘いです。

一応、釣れた初ウナギを・・・。リリースサイズです、はい。

CA340042.jpg

みえるだけ~

ご無沙汰してます。うなたろうです。みなさま、ウナギ釣られてますでしょうか。私はさっぱりです(笑)

9月の3週は学会でばたばた。途中なんとか時間を作って筒上げしますが全く芳しくありません。エンピツ3とくだりかけが1本。この時期にしては不調すぎる内容です。その4日前にやったウナギ釣りでも、条件としては悪くなかったのですが、反応すらない。マハゼ、セイゴ・・・。

10月はじめにはシンポジウムついでに夜潜り、とかけてみたのですが、本当に、35センチ以下しか見ません。大きなウナギが見当たらない。友人は一本見たようですが、どうにも駄目で、仕方なくクロサギ、クロダイを突きました。ボラすらいません。

で、今回の大豪雨でした。豪雨後に集魚灯をしたところ、70cm超えのクダリウナギを目撃しました。ウナギは確実に下っています。
で、やる気を出して月、火とウナギ釣りに行ったのですが、全く駄目。月曜日はただただ不毛に時間が過ぎて終わりました。火曜日ははじめに行った川は濁りは良かったものの、ゴミが多いのですぐに移動。前々から目星をつけておいた漁港に行ってきました。竿3、ペット5で臨みましたが、全くアタリなし。足元を照らすとメソが餌を探しながら泳いでいました。うーん。駄目。

今年はどなたもなかなかどうして調子が悪そうなので、そういう年なんだと半分諦めていますが、条件の良い日にはなるべく行くようにしています。とりあえず、今日は早く寝ます。

b310.jpg
プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。