スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筒でカニ

寒いですね。

昨日は少し潮が引いたので筒の様子を見に行ってきました。というのも、ウナギを捕りに行った訳ではなく、モクズガニを捕りに、です。モクズガニは夜間はよく動くようですが日中は岩陰などでじっと身を潜めています。当然、筒もその隠れ家の対象となります。

b190.jpg

結果はモクズガニがキープが12、マハゼ沢山、ウナギが2本でした。まさかウナギの、それもキープサイズが入るとは思っていなかったので、ちょっと嬉しい。

カニは活かしておいて、マハゼは焼き干しにします。曲がりハゼの甘露煮は、正月料理に欠かせません。

網打ち

more...

ナマズ行

土曜日はNさん、Sさん、Sさんと琵琶湖に行っておりました。
なんといっても目的はイワトコナマズ。先日Nさんにおすそわけ頂いたイワトコを煮付けましたが、確実に今まで食べたナマズ類の中で最も美味でした。

b103.jpg

そんなイワトコナマズを、私も釣ってみたいわけです。

そして実は先週末も琵琶湖に行ってました。もちろんこのイワトコが目的だったわけですが、

b102.jpg

釣れなかったもののかなりの良型を突くことができましたが、不慮の事故(?)により獲得には至りませんでした。

さて土曜日は天然うなぎ弁当(自作)を持って琵琶湖へ。釣り直前にうなぎを食べるという余裕モードを演出しつつ、釣り始めまで待ちます。私は前回の様子も考えて、通常のウナギ時合開始の少しあと、19:50頃からペットボトル投入を始めました。

20時頃からペットボトルがパタパタと倒れ始めます。しかしスカ、そして根がかりが連発。岩礁地帯なので根がかりは仕方のないことなのですが、根のかかり方から言っていくつかはウナギの仕業のようです。

そんなことを思っているとウナギが釣れました。55センチくらいですが太い。太いので力も強いです。途中で岩などに絡まらないようすばやく、焦らず上げることが重要です。

しかしこのあとが続かない。ブルーギルがいくつか釣れます

b98.jpg

ヒロハノエビモやサンネンモ、フサモの一種、ネジレモが絡まってくる。琵琶湖らしいです。

21時半を回って、アタリが一気に少なくなりました。ウナギの時合が終わったようです。琵琶湖はあまり濁らないので濁りは関係ない(濁ってなくても釣れる)のかもしれませんが、一方で透明度が高いので時合も少しあとの方にずれたように思います。

ふと釣り場の横を懐中電灯で照らしてみるとなんと50cmほどのイワトコが目の前にいました。しかし逃げられる。ヤスで突くまでには至りませんでした。うーん残念。

Nさん、Sさんは別の場所で釣りをしていたのですが、23時頃から、ようすを見に行ってみることに。
しかしやっぱり釣れていません。今日はナマズも見れていない、と。これはかなり雲行きが怪しいです。
巨大なビワコオオナマズが目の前5mくらいのところをゆっくり泳いでいきますが、これも釣れず。ナマズが釣れないのは単にあまりかからないだけではなくて、針が刺さらない、ということもあります。来年はギャング針でやるかなー(笑)

b99.jpg

大きなギギが見えたので突いてみました。目測40cm弱、かなり大きなものです。昔京都錦で6月に食べたギギの蒲焼が激ウマだったので、蒲焼いてみることにします。

さて結局このあとイワトコを沢山見れたりするのですが、釣れずに終わりました。課題は来年に持ち越しです・・・

初物

そろそろ釣れるだろうなぁ、と思って行ってきました。すっぽんです。

ただ餌をわざわざ入手するのが面倒くさい。イカの塩辛の残りをぬいざしにして、夕方1時間半ほどやってみました。

b87.jpg

予想外にかかるかかる。いや、アカミミガメですけど(笑

すっぽんは6時頃に釣れた一枚で終了。ま、今年初めてにしては上出来ですかね。今からウナギ突きに行ってきます。

運が悪い

週末はNさんと琵琶湖へナマズ釣りに行ってきました。

このナマズ釣り。二年前から始めて、今年で三年目になります。もはや恒例行事です。

まだ時期が早いかも、との思いはあったのですが、様子見も兼ねて行ってみることにしました。これが大間違い。

この日の琵琶湖は大雨です。車を走らせると身の危険を感じるような雨。この状態ではろくに釣りすることもできないと判断し、結局釣りを始めたのはすっかり明るくなった午前8時でした(遅

一応一時間はやりましたが、釣れず。ほとんど餌丸付きでした。今年は水位変動があまりなく、安定して水位が高いためか、アオミドロのような藻が一面に生えてしまっているようです。今年は釣り難いかもなぁ。

昼からはTさんが合流して五目釣り。濁り度がもうほとんど5なんじゃないかという中、風速7mの風の中、五目釣りをしました(爆

まぁいろいろ釣れたことは釣れたのですが、極めつけがこれ。

b86.jpg

昼の12時半頃に釣れました。そりゃあ濁ってるから釣れるわ!!
ちなみにコアユバリで餌はアカムシです。

夜はウナギ釣りをしてみました。殆ど餌丸付きで終了しましたが。本当にNさんと行くとウナギが釣れません。いい条件でもなかなか釣れません。検索一位と二位なのに・・・(謎
常連のおじさんも釣れてなかったので、まぁよしとします。



オマケ


b83.jpg

b84.jpg

天然(?)ウナギが売られていました。あえて書く必要はないと思いますが撮影・掲載許可は取ってあります。はえ縄ではけっこうな漁獲があるみたいです。

洗堰で閉ざされた琵琶湖でウナギが釣れるのは自然の不思議だ、なんて仰る方がたまにみえますが釣れるのは当たり前です。放流してますから。
滋賀県によれば平成18年度に2.5トンの放流をしているようです。
http://www.pref.shiga.jp/g/suisan/mamorou-b-s/shubyouhouryu/shubyouhouryu-text.html
体重が21.9グラムとなっていますから、単純に割り算して114万尾を放流していることになります。物凄い数字です。

そんなほぼ100%放流ウナギ。これが琵琶湖の天然ウナギなのです。全国の天然ウナギ市場の何%かはこんなウナギが占めています・・・。
プロフィール

うなたろう

Author:うなたろう
うたとうなぎをこよなく愛するうなたろうと呼ばれています。今年はうたもうなぎも、うまーく時間をやりくりしたいものです。

(7月26日,記)日本う●ぎ協会では「天然うなぎを売ることが恥ずかしいと思う世の中」にしたいそうです。シラスウナギに全く規制せずに天然親うなぎ関係者に圧力かける彼らの厚顔無恥ぶりはもはやジョークの域ですね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うなぎのひるね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。